LeLeLe♪Leica 車・バイク・写真好きだもんね

長らくお待たせしました。C6試乗、路上編です!

本当に遅くなってしまってすいません。
C6の話題性もすっかりなくなってしまってからの記事となりました。

さて、C6に乗り込み、サイドミラーのあわせ方も分からず、サイドブレーキも分からない僕でしたが、いざ路上に出発です。

e0034880_21591287.jpg


シトロエンC6。
車重なんと、1,9トン。
それを3リッターエンジンで走らせます。
走り出すまでは、非力で走らないシトロエンの系譜上の車だろうと思っていました。
で、店頭から道路へ出ます。
難なくスーーっと走り始めます。
意外に走り出しは滑らかです。
もっともたもたするかと思ってました。
さすがにシトロエンの最上級車です。
置いてあるC6を見るとかなり大きく感じるのですが、走り出すとその大きさを感じません。
どちらかというと、アクセラがも少し幅が広くなったかな?位の感じで、運転しにくさがありません。あの車両感覚は良いですね。
オーバーハングの長さも気にならない。

走り始めて、最初に我家の駐車場に入れてみました。
クサラで乗り降り大変な我家の駐車場。
これがぴったり入っちゃったんです。
乗り降りにも支障なし。

『ああ、C6が家に来たいって言ってる!』

などと妄想しつつ、すぐに西広島バイパスに乗りました。
走っていても、きついハーシュネスもなく、誰かが言ってた『羽毛布団のような乗り心地』という意味がよく分かりました。
サスが柔らかいのではなくて(実際には柔らかいのですが)、ふんわりしてる感じなのです。
そして、吸収性の良いサスなので、左右にゆらゆらぐらつかない。
お店で、『船に乗ってるみたいな車ですよ』といわれたのですが、今ひとつピンとこなかったけど、なんとなく分かる気がします。
ボクの印象では、やっぱり『羽毛布団のような、、、』というのが一番ピンとくる。

走りは、車重に対してエンジンが非力なので、爆発的な速さはありませんが、必要にして十分な走りはできます。
サスが柔らかいので、路面へのタイヤの食いつきがよく、ちょっと頑張ってコーナー攻めても曲がって行きます。
多分試乗車で、そんな走りも試したのはボクだけじゃないだろうか。冷汗
西広島バイパスでは、周りの車も避けてくれたし、珍しさも手伝って、ジーっと見てる人もいました。でも、ボクは容赦なく抜いて行きます。シトロエンのよさは、ある程度の速度以上で巡航して初めて出てくるからです。

走っていると、エアコンが効きすぎていることに気が付きました。
すぐにエアコンの温度を上げようとしたのですが、エアコンの使い方が分かりません。
どのボタン押せばよかったのじゃ。
ボタン有りすぎ。
寒いくらいよく効きます。
輸入車も、よくエアコンが効くようになったのじゃのう。
いいことです。
でも、寒い。耐えることにしました。

C6独特の乗り心地を楽しんでる間に、木材港に到着。
ここから、商工センターに抜ける新しい道を通って帰ります。
ウッドワン本社工場の横の端を渡ると、いい感じの右コーナーがあるのです。
これを無理せず(借り物だし、初めての車だからね)、でもちょっと頑張って90+アルファで進入。
何事もなくクリア。
アンダーもなし、タイヤのスキール音もなし。
まだまだ、余裕の走りでした。
この車、やっぱりお足がいい。
後はお店に帰るだけ。

いやー、いい車でしたよ。
上質ってこういうのなんですねえ。
贅沢すぎて、ボクの生活レベルには全く合ってません。
ボクにはクサラで十分だと痛感した試乗でした。
それから、C6、ちょっと燃費が気になりました。
かなり喰います。
このコースを一周しただけで、燃料系の目盛りがひとつ減りました。
多分20リットルくらい喰ってるはずです。
燃費悪いのは間違いないですね。
でも、それ以上の優雅さと上質さを味わえます。
これは国産車にはない、演出ですね。
注目度も抜群です。

700万円は伊達じゃない。
宝くじ当たったら、即買いすることに決めました。
でも、700万だと、ポルシェケイマンもその価格帯なんだよなあ。
悩むなあ。妄想 
[PR]

by spfdx | 2007-08-28 21:57 | シトロエンC6試乗
<< 今まで乗ったシトロエンの総括 C6で路上を走る! の前に、新... >>