LeLeLe♪Leica 車・バイク・写真好きだもんね

kawasaki  1200CC ダエグに乗ってきた

カワサキのニューバイク、ダエグの試乗会がありまして、乗ってきました。
今回は、安佐南区にありますカワサキショップ REALさんです。

ノーマルバイクとサスとフルエキ交換したバイクとの乗り比べでございます。

まずはノーマルダエグに乗ります。

印象は、


          軽い!!


なんじゃ、これは! の軽さでございます。
特に、バネしたの軽さを感じます。
さらに足がいい。
今までのカワサキらしくなく、足が良い。
どういうことでしょう。
すばらしい進化です。
そのおかげか、タイヤの接地感がものすごくあり、ムチャ安心して乗れます。
音も シュフィーン シュフィーン言うてます
かなり好みです。
ポジション的には、ハンドルがかなり近い。
こんなに近いバイクに乗ったことがない。
でも、今の基本的な設計なんだろうなあ。
誰もポジションの文句言わないんだから。
それから、ステップがかなり高く後ろにあります。
加速の時に、ステップに加重が乗せれない。
シートに加重するしかない。
多分、今のバイクの設計はシート加重なんだろう。

もうノーマルで十分速く、さらに、僕の好きな転がるようなフリクションの無さを十分に感じる事のできる設計です。
相当に、浦島太郎状態です。
新しいものの凄さ、進化の強烈さを感じました。

その後サスはクワンタム、マフラーはワイバーンに交換してあるのに乗りました。
このバイクはここの社長のバイクです。
もちろんセッティング出してあるんだろうと思います。
で、これに乗ったら、、、、

実は、ノーマルで十分ショックを受けていたので、あまり違いが分からなかったのでした。
音は明らかに違います。
アクセル戻したら、 ボボボボボって、レーシーな音もしますしね。
エンジンの吹けは少し軽い気もします。
パワーが出てるか? と言われれば、よく分かりませんでした。
下でのトルク感は減ってたと思います。
実際はパワーもトルクも出てるのかもしれません。
それから、吸い付くように走ります。
ものすごく安定してます。
短い距離であっという間にスピードでます。
帰りに同じところでK100でチャレンジしたら、2/3しか出なかった。
ブレーキもよく効く。
ああ、またもや時代を感じました。
進化って凄いです。

帰路は、K100に乗ってるのがきつかった。
でも、買い換えたりはしないよ。
うちのシトロエンみたいに、半年乗ってから本当の良い所が見えてくる乗り物もあるからねえ。
最初の衝撃は凄くても、直ぐに飽きてしまう乗り物もあるしね。
だから、まだまだK100には乗りますよ。

だけど、カワサキの1200って、あんなに早いんだなあ。
置いて行かれるのも分かるわ。
ありゃあ反則だなあ。
タイヤの接地感はものすごく良かった。
まいったなあ。
[PR]

by spfdx | 2009-06-13 19:45 | バイク
<< おいしい蕎麦、食いたくね? metabo警戒値に突入 >>