LeLeLe♪Leica 車・バイク・写真好きだもんね

<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


旅にでたい

こんばんわ、spfdxです。

今日の日記は、希望です。

夢です。


今、旅にでたいと思っています。

バイクに乗って。


遠い町をブロブロと、バイクで走ってみたい。

写真を撮りたい。

写真を撮る旅。


カメラ1台、バイク1台。

走りながら、

気持ちのいい場所で、

出会った人を風景を

写真に撮りたい。


そんな旅にでたい。

ぐるっと回って帰ってきたい。


沢山の笑顔を残したい。



そんな気分に成っています。

そんな旅の相棒に成ってくれるのかな、

F8GS ?


久しぶりに写真撮りたいな。
[PR]

by spfdx | 2011-05-30 20:27 | BMW F800GS

F800GS  タイヤどうしよう

現在履いてるタイヤ

『 カルーT 』

もう山が有りません。涙

オフタイヤの宿命で、ライフが短い。

だけど、お値段とっても高い。

どんだけ高いって、普通のラジアルロードタイヤと同じ値段だ。

ロードタイヤなら、8000km~1万km位持つのに、

『 カルーT 』 の寿命は、わずかに4000km位。

アスファルトのみ走るなら、6000km位は持つのかもしれないが、

オフも走るとなると、美味しい所は3000km位までかな。

僕のは、3500km位走ってて、残り2部山ってところかな。

次も 『 カルーT 』 にしたいが、お財布リミッターが効きまくってて

次のタイヤが買えない。 大粒涙

最初に着いてたロードタイヤがまだ置いてあるのだけど、

これを履くと、お山に行きにくい。

しかし、タイヤはこれしか持ってない。


単純にタイヤの違いだけならいいのだけど、

実は、このタイヤ選択で、一緒に走る仲間がガラリと変わる。

当然走る場所も代わってくる。

どちらも両立させたいが、それはできない。

さてさて、どうしたものか。

と言いつつ、財布リミッターは選択の余地を与えないのでした。

まあ、これも人生か!
[PR]

by spfdx | 2011-05-23 20:04 | BMW F800GS

WSBK 2011

ワールド・スーパー・バイク選手権。

通称 WSBK 。

これが熱い!!

今年が熱いと言うのではなくて、

このレースは、毎年熱い。

はずれの年が無い。

大好きなのだ。


第4戦、イタリア モンツァ を観た。

友人に録画してもらってみた。

この2年位、見れてなかったので(それでも雑誌等でチェックはしてた)、

動画で見れて最高だ。

やっぱり熱い。

ガチの勝負がここにはある。

応援している 芳賀選手。

今年はワークスからサテライトチームに移って、

マシン的にかなり苦戦してるのが、映像からもはっきり分かる。

多分チームの中も比較的緩いんじゃないかと思った。

それでも結果を残してほしい。

益々応援してしまう。

やっぱり熱いぜ。

芳賀選手には、もう無理かもしれないけど、

やっぱり ヤマハ にもどってもらいたい。

一番似合ってる気がするし、カッコ良かったから。

ヤマハ がダメって言うかな。

でなければ、BMWで走ってもらいたい。

がんばれ芳賀選手。

遠き地より応援だけだけど、声援送っています。


遠き地と言えば、イタリアから妹が今帰ってきてる。

一週間の滞在だ。

がんばってフェラーリに採用されると良いね。

応援してます。
[PR]

by spfdx | 2011-05-16 22:15 | バイク

高校の卒業生名簿を買ってみた。

高校のOB会が発行してて、毎年出てるOB会名簿です。

これ、今まで一度も買った事がない。

手にした事すらない。

自分自身、昨年までは行方不明者リストにずっと載ってたはずだ。

OB会名簿、いかがですか?はがきも来た事がない。

今回、高校卒業以来、実に27年目にして、初の購入。


ペラペラと見て行くと、まず驚いた。

いまどきって、男女に名簿が分かれてないのね。

あいうえお順で性別不問で並んでる。

これにびっくり。

自分と同期のページをめくる。

みんな偉くなってるなあ。

既に他界してるのもいる。

何人かは自らの死だと聞いている。

もったいない。


部活別の名簿もあった。

自分の所属していた部の名簿を見る。

ちゃんと自分の名前もあった。

なんだか嬉しい。

そして懐かしい。

あの頃は、究極のバカだったなあ。


自分は、昔から中途半端で気分やの存在意味のない子だった。

その辺は今も変わらないので、自分は成長が無いなあ思う。

まあ良いのだ。

中途半端にもきっと存在意義は有るだろう。

凡人なんだから、これで良いのだ。


今日は懐かしい名前に、ちょっと嬉しくなった。
[PR]

by spfdx | 2011-05-16 21:54 | その他

やったね父ちゃん、今日はホームラン王だ!!

僕の同級生が、
ミニバイクの耐久レースに出ると言うので、
見に行きました。

このレース、バイクが小排気量なので、
体重が軽いほうが絶対有利。
なのに、、、彼には付いている。

40歳以上には標準装備の、腹脂肪、、、

完走してくれたら良いのです。
前回のレースも完走してくれてるので、
期待はできます。

がんばれ。

チームから2台エントリ―。
アバラ職人34号車は、エースライダーが番手を稼ぎ、
アバラが順位をキープする作戦。

もう一台の88号車は、
行くだけ行く作戦。

さて、どうなる事やら。

e0034880_1162366.jpg


携帯で撮ったら、画像が ゆがむ ゆがむ。
面白い発見でした。
横幕シャッターの幕速の遅いカメラで撮ったみたいだ。
こりゃあおもろい。

e0034880_118097.jpg


e0034880_1183443.jpg


ヘルメットが伸びて、コーンヘッドみたいだ。

ライダーチェンジして、ついにアバラ職人登場

e0034880_123548.jpg


ゆがんでる上に、手振れだ! 凄いぞこのゆがみ。w

e0034880_125814.jpg


88号車もライダーチェンジ。
元のバイクの形が分からない位トランスフォームしてる。
携帯のカメラ、おもしれー。
本人見たら、起こるぜ
ガハハハハ

結果、

e0034880_1265615.jpg


優勝だって、出来過ぎでしょう。
でも、勝てて良かったねえ。
嬉しいっす

e0034880_1274211.jpg


レース直後、左より アバラ職人とエースライダー
画像がゆがんで、足が長く写ってら  アハ~?
[PR]

by spfdx | 2011-05-09 01:29 | バイク

GWにした事

5月4日の四葉チャリティーコンサート、

参加しました。

良い経験させてもらいました。


実際にチャリティーイベント等に参加するのは初めてです。

これまではたいてい募金箱の前で、小銭入れるだけの人でしたから。

イベントって大変なんだなと言う事が良く分かりました。

大勢の仲間、共感者、協力者がいないと出来ない事なんですね。

皆さん素晴らしい人たちばかりでした。

その中心となる人物、 Happy Place。

彼の人間力ですね。

凄い事です。


参加出来て、本当にありがとう。
[PR]

by spfdx | 2011-05-09 00:58 | その他

GWSHR

終わっちゃいましたね、

ゴールデンウイーク!

今回は長かったので、体がお休みモードに

完全カスタムされてしまいました。

脳が寝てます。

しかし、あと数時間後には

はたらくおじさんだ!!


俺は、なんの仕事してんだっけ?

どうやって生きて来たんだっけ?

覚えてね~
[PR]

by spfdx | 2011-05-09 00:49 | その他

はにわのハニャ丸

はにわって知ってますか?

昔の人が、土で作った人形です。

土偶もその仲間なのかな?

共通するのは、土でできてて、人の形をしてる事。


さて、昨日よりGSキャンプへ行っておりました。

このイベントは、オフロードバイク好きが集まって、、一晩飲んで、食べて、楽しく

キャンプして、翌日オフロードコースを走りましょうというイベントです。


昨晩の宴は、陽気に始まり、終始賑わいましたが、

だんだんと雲行きが怪しくなり、

ついに雨に!!

それでも、テントの下で、皆で楽しく語らい、飲みました。


楽しく飲んだのは良いのですが、翌日のオフロードコースの土の状態を考えたら、

、、、、、、、!


きっと、はにわに成る。


一夜明け、土の状態を見ると、見事に捏ねた生コン状態。

それでも、雨は時折ぱらっと小雨が落ちるだけ。

これなら、午後には走れるかも的な予測。

しかし、イベントはスタートするのでした。

走ってみたら、前輪も後輪もグリップしな~い。

バイクもタコ踊りしまくって、どこ行くかわからな~い。

その上、バイクもウエアも泥だらけ!


はにわに成りました。


地底人の完成です。

バイク、全身共に泥団子になって、

『ヒ―ッ!!』 とかわめきながら、どこに走って行くか分からないバイクで走ります。



こんなバカな事するのって、楽しいでしょ。

今回も大勢のおバカさんが集まって、嬉しい。

競わない泥遊びは最高です。

また、来年参加できたらいいなあ。
[PR]

by spfdx | 2011-05-01 19:49 | BMW F800GS