LeLeLe♪Leica 車・バイク・写真好きだもんね

カテゴリ:シトロエンC6試乗( 4 )


長らくお待たせしました。C6試乗、路上編です!

本当に遅くなってしまってすいません。
C6の話題性もすっかりなくなってしまってからの記事となりました。

さて、C6に乗り込み、サイドミラーのあわせ方も分からず、サイドブレーキも分からない僕でしたが、いざ路上に出発です。

e0034880_21591287.jpg


シトロエンC6。
車重なんと、1,9トン。
それを3リッターエンジンで走らせます。
走り出すまでは、非力で走らないシトロエンの系譜上の車だろうと思っていました。
で、店頭から道路へ出ます。
難なくスーーっと走り始めます。
意外に走り出しは滑らかです。
もっともたもたするかと思ってました。
さすがにシトロエンの最上級車です。
置いてあるC6を見るとかなり大きく感じるのですが、走り出すとその大きさを感じません。
どちらかというと、アクセラがも少し幅が広くなったかな?位の感じで、運転しにくさがありません。あの車両感覚は良いですね。
オーバーハングの長さも気にならない。

走り始めて、最初に我家の駐車場に入れてみました。
クサラで乗り降り大変な我家の駐車場。
これがぴったり入っちゃったんです。
乗り降りにも支障なし。

『ああ、C6が家に来たいって言ってる!』

などと妄想しつつ、すぐに西広島バイパスに乗りました。
走っていても、きついハーシュネスもなく、誰かが言ってた『羽毛布団のような乗り心地』という意味がよく分かりました。
サスが柔らかいのではなくて(実際には柔らかいのですが)、ふんわりしてる感じなのです。
そして、吸収性の良いサスなので、左右にゆらゆらぐらつかない。
お店で、『船に乗ってるみたいな車ですよ』といわれたのですが、今ひとつピンとこなかったけど、なんとなく分かる気がします。
ボクの印象では、やっぱり『羽毛布団のような、、、』というのが一番ピンとくる。

走りは、車重に対してエンジンが非力なので、爆発的な速さはありませんが、必要にして十分な走りはできます。
サスが柔らかいので、路面へのタイヤの食いつきがよく、ちょっと頑張ってコーナー攻めても曲がって行きます。
多分試乗車で、そんな走りも試したのはボクだけじゃないだろうか。冷汗
西広島バイパスでは、周りの車も避けてくれたし、珍しさも手伝って、ジーっと見てる人もいました。でも、ボクは容赦なく抜いて行きます。シトロエンのよさは、ある程度の速度以上で巡航して初めて出てくるからです。

走っていると、エアコンが効きすぎていることに気が付きました。
すぐにエアコンの温度を上げようとしたのですが、エアコンの使い方が分かりません。
どのボタン押せばよかったのじゃ。
ボタン有りすぎ。
寒いくらいよく効きます。
輸入車も、よくエアコンが効くようになったのじゃのう。
いいことです。
でも、寒い。耐えることにしました。

C6独特の乗り心地を楽しんでる間に、木材港に到着。
ここから、商工センターに抜ける新しい道を通って帰ります。
ウッドワン本社工場の横の端を渡ると、いい感じの右コーナーがあるのです。
これを無理せず(借り物だし、初めての車だからね)、でもちょっと頑張って90+アルファで進入。
何事もなくクリア。
アンダーもなし、タイヤのスキール音もなし。
まだまだ、余裕の走りでした。
この車、やっぱりお足がいい。
後はお店に帰るだけ。

いやー、いい車でしたよ。
上質ってこういうのなんですねえ。
贅沢すぎて、ボクの生活レベルには全く合ってません。
ボクにはクサラで十分だと痛感した試乗でした。
それから、C6、ちょっと燃費が気になりました。
かなり喰います。
このコースを一周しただけで、燃料系の目盛りがひとつ減りました。
多分20リットルくらい喰ってるはずです。
燃費悪いのは間違いないですね。
でも、それ以上の優雅さと上質さを味わえます。
これは国産車にはない、演出ですね。
注目度も抜群です。

700万円は伊達じゃない。
宝くじ当たったら、即買いすることに決めました。
でも、700万だと、ポルシェケイマンもその価格帯なんだよなあ。
悩むなあ。妄想 
[PR]

by spfdx | 2007-08-28 21:57 | シトロエンC6試乗

C6乗って驚き、触ってよろこぶ!! C6感動汁大放出

試乗の機会を得たC6。
さて、本日は『ついに路上に出るの巻』であります。
始り始り

ドライバーズシートに座った僕は、パワーシートに不満を持ちながらも、それでもC6が持つ高級車オーラを十分に感じていたのです。
車内もじつに滑らかなラインで構成されていますし、タン内装も上品でよいのです。
デザインは言うまでもなく、大人なのです。
シートのすわり心地もよく、気に入りました。
ボクは革シートがあまり好きではなかったのですが、見方が変りました。
シートポジションもできるだけ合わせたので、次にミラーを合わせます。

しかし、

ミラーを合わせるスイッチの場所が分からない。
少し焦る!

でも、かろうじてサイドミラーは見えてるので良しとしました。

さあ、出発!!
気分は最高です。
憧れの車を運転してるのですから。

『???』

サイドブレーキがかかってます。
当然です。
解除するのを忘れていました。はずかシー
本気で穴掘って隠れたかったですよ。
あわてて、サイドブレーキを解除しようとしました。

が、、、、

サイドブレーキの場所が分からない。

高級車に乗ったことがあまりないのも手伝って、本当に真剣に探しましたよ。 トホホ!
左足のフットレスの辺りにあるかと足元を覗いてみたり、コラムについてるのかと確認したり、
挙句に、通常普通の車に付いてる場所、全席、左右シートの間のシフトレバーの後ろに有るかと、とにかく探しました。
分からない。泣
高級車に乗りなれてないと、こういうところでもボロが出ますねえ。苦笑
結局セールスさんに、サイドブレーキの場所を教えてもらいました。
サイドブレーキは、

『これが、、、、』

というくらいかっこいい形とデザインをしています。
感動しました。
走る前から、C6に感動をいただきました。

ありがとうC6。


サイドブレーキを解除して、
いざ発進!!

おっと、もうこんなに書いてしまいました。
走りのことは、この次ということで、、、。

おそまつ!
e0034880_23304020.jpg

[PR]

by spfdx | 2007-07-19 23:32 | シトロエンC6試乗

C6試乗してみた PART2

以前から興味はあったのですが、分不相応な車ですから、眺めるだけの車でした。
でも、C5の良さを知ってしまうと、さらに上の車って、車って、、、となっちゃうのです。
で、乗ってしまいました。C6!

C6に乗り込みます。
革の匂いがします。
シートが革なんですねえ。
車内は明るいベージュ。
いい感じです。
ドライバーズシートは、当然電動パワーシート。
これが実は曲者なんです。
座高1m男には、電動パワーシートは相性が悪いのです。
電動パワーシートのおかげで、シートの高さ調整幅が小さくなるのです。
パワーシートの車で、天井に頭の付かない乗用車は今のところ無いのです。

『C6はパワーシートかぁ!!!!』

インテリアもいいし、エクステリアのデザインも良いのに、パワーシートはいらんなあ。
普通はパワーシート欲しいのでしょうが、僕の身体に対応してるなら良いけど、そうでないのでいらないなあ。
C6のパワーシート、とりあえず動かしてみると、何とか天井に頭は着かない。
でも、髪の毛はしっかり着いてる。
当然、ルームミラーは目の高さに。

 『うーん、お前もか。』

C5での感動が、、、、。
でも、せっかくの試乗の機会をもらったのだから、運転してみよう。
そう思って、走り出すことにしました。

e0034880_2231477.jpg


つづく
[PR]

by spfdx | 2007-07-08 22:32 | シトロエンC6試乗

シトロエンC6乗ってみた!!

シトロエンC6に試乗してしまいました。
さすがに高級車です。
乗り心地は最高です。
ちょっと酔いそうな位よいです。
実は1ヶ月くらい前に、C5に買換えたくて、C5に乗ったのですが、その時ものすごく感動したのでした。
なにがって、そりゃあC5の乗り心地にです。
ハイドロってすごいなあ!って感心したんです。
こりゃあ、ハイドロしかないって。
C5は、車としてもなかなかよくて、素直に曲がってくれるし、エンジンパワーも普段乗ってて物足りないようなこともないし、何より、ココ重要なのですが、ほんとに重要なのですが、

ルームミラーが見上げる位置に着いている。(爆)

C5は、ドライバーズシートの上下調整の巾が、かなりあります。
もう、そりゃ相当あるのです。
だから、ボクの座高1mでも、ルームミラーが見上げる位置になるのです。
このルームミラーの位置なんだけど、普通の人は(普通の座高の人はの意)、気にしたことないんじゃないでしょうか。
しかし、座高1m男にとっては、前方左側視界を左右する重要なアイテムなのです。
以前乗っていた『サンバー』と『梵語』の時には、左先方が見えなくなるので、ルームミラーは取り外していました。
法規的には、ルームミラーは着いていなければいけないのですが、着いているなら何でもいいそうで、ダッシュボードの上くらいの所に、吸盤で付けるミラーをフロントガラスにつけていました。
時々落ちるのがお茶目でしたが、、、。
とにかく、C5ではミラーが邪魔で左が見えないことがない。
そしたら、運転する時の視界の広いこと広いこと、しりませんでした。
あんなに運転席の視界が広いなんて。
左カーブは進行方向が全く見えずに運転してましたから、C5で左を見ながらカーブできるのが楽しかったのです。横断歩道つきの交差点なんて、まじでびびりものの恐怖と戦いながらの運転なんですから。
それもあって、C5欲しかったんですけどねえ。
これもいろいろあって流れてしまって、残念です。
C5はまともな車です。
悪いところは内装のダサさ以外にはないです。

それを踏まえつつ、期待してC6の試乗となったわけです。

e0034880_22382172.jpg

つづく
[PR]

by spfdx | 2007-07-03 22:41 | シトロエンC6試乗