LeLeLe♪Leica 車・バイク・写真好きだもんね

佐村河内 守 著 『 交響曲第一番 』

e0034880_19362866.jpg


76歳の友人にプレゼントした本です。
彼が、『読みなさい。必ず読みなさい。』
と、私に貸してくれました。

今、読み終えたところです。

壮絶です。
神の計らいとしか思えない。
表現者は、ここまで苦しまないとダメなのか!
と、涙浮かべて余韻に浸ってます。

友人は、佐村河内さんの『HIROSHIMA』を聴いて、
もう写真は撮らないと言っていいたのに、再びカメラを握りました。
強烈に突き動かされるものを感じたのです。
新作を撮っています。

友人が私に貸してくれる時、
『 もう一度写真を撮りなさい。』
と言いました。
ただ、私にはあなたの様な自らの体験による、この世に訴えなければならないという、経験が無いのです。
それ故、何かを表現しなければならないといった、強い意思が湧いてきません。
私には、あなたが眩しく輝いているのです。
辛い経験と引き換えに、表現者となれてるのですから。
私には、表現しなければ成らない必然が無いのです。
だから、写真は撮れないのです。
今の私は、口ばかりで何も作れない評論家でしかありません。
突き動かされるように、ぶれない写真のテーマを持ちたい。
いえ、持ってみたい。
さらに言えば、苦しいとはおもいますが、
持ってる方がうらやましい。

ものを創り出す苦しみは、
人知を越えてる気がします。
神の領域
[PR]

by spfdx | 2013-01-29 19:15 | その他
<< ロバート・M・パーシグ 著 『... 今朝も寒いですね >>