LeLeLe♪Leica 車・バイク・写真好きだもんね

眩い海洋生物分類学本

海洋絡みで、学生時代の話をもうひとつ。

大学の図書館で、海洋生物のレポートの為に調べ物をしていた時、
ひときわ大きな存在感の本が有りました。

海洋生物の分類学の本です。
周りの他の本とは、存在感が違います。
その本が気に成り、手を伸ばしたら。
本の背表紙に

   EMPEROR HIROHITO

の金文字。
そうです、昭和天皇が研究されていた海洋生物分類学の本だったのです。
昭和天皇が生物学、とくに生物分類学を研究されているのは知っていたのですが、
その研究結果としての一冊の本が、今 目の前に有る事実。
正直驚きでした。
一般には出回らない物だと思っていましたので、
その物が有る事に驚きました。

伸ばした手は、その金色に輝くお名前を見て縮み、
何だか恐れ多くて、触る事も出来なかったのです。
私、昭和の人間ですので、天皇陛下はまだ神の様な存在なのです。
私ごときが触れてはいけない本の様な気がしました。
なので、学生時代一度も触る事すら無かったですね。

そんな気おくれした私の横で、その本をジャンジャンめくって勉強してるツワモノも居ました。
人類の宝としての本でジャンジャン勉強するのなら、
一冊の本にまとめてくださった天皇陛下もお喜びになるだろうと、
今なら思えますね。

私、未だにその本の中を見た事無いんですよ。
見とけばよかった。

あぁ~あ、小市民~!
[PR]

by spfdx | 2013-01-17 21:47 | その他
<< 宇宙兄弟 ダイオウイカ >>