LeLeLe♪Leica 車・バイク・写真好きだもんね

K100RSのクラッチレバー、遊びが無くなっていく恐怖の巻き

K100RS購入後、約1万キロを走行したのですが、この半年位前から徐々にクラッチレバーの遊びが無くなっていくという、かつて経験したことのない症状が出ています。
現在は遊び 0。
常に半クラか?
と思うような状態。
昨日エアクリーナー注文したので、納期を聞くついでに、軽ーく聞いてみたら、

汗”

冷汗!!

どうやら、BMW全般に見られる兆候で、クラッチプレートの摩耗・膨張が原因の事が多いそう。
BMWの重修理の一つのクラッチプレート交換。
正確には修理じゃなくて、消耗パーツの交換なんだけど、17万円はかかるとのこと。

もう来ちゃったか―。

国産車に比べれば長く持ってますが、交換金額考えたら、かなり苦しいなあ。
うーーん、維持するか考えどころですよ。

もし今年も正月のうどんツーがあるんだったら、参加したかったのですが、どうしたものか。
しばらく冬眠させるかなあ。
[PR]

by spfdx | 2009-12-12 15:49 | バイク
<< BMWの本をめくってみた うおおーーーーー >>